それどこ

料理初心者さんに「冷凍カット野菜」がおすすめ! 時短・食材使い切り・野菜不足解消も全てかなえる、一皿完結レシピ3つ

冷凍カット野菜を使った簡単ごはんレシピ

本日のテーマ「冷凍カット野菜」とは?

  • 旬の時期に収穫した野菜を、おいしさと栄養をキープするために急速冷凍し、使いやすい大きさにカットしたもの
  • ほうれん草やブロッコリーなどの単体のものから、数種類の野菜をミックスしたものまで種類が豊富
  • 切ったり洗ったりする手間が省けて、長期保存も可能なので、ひとり暮らしの自炊初心者さんにこそたくさんのメリットが!

梅津有希子です。ライターとして料理について情報発信をしていますが、実はまな板を使うのが嫌いで、凝った料理もほとんど作りません。

「夜遅くまで働いて、疲れて帰ってもこれならなんとか作れる」というコンセプトの簡単料理本『終電ごはん』(幻冬舎)などを出していて、「切らずに済む食材を使う」「フライパン1つしか使わない」といった料理の手間を省くアイデアを考えるのは、もはやライフワークのひとつとなっています。

長引くおうち時間をきっかけに、健康面も考えて自炊を始めたという人は多いでしょう。しかし特にひとり暮らしの人が自炊をしようとすると、悩みがちなのが「食材をうまく使い切れない」という点。特に「野菜」に関しては売られている単位が大きい場合も多く、ひとり暮らしだとなかなか使い切れないこともありますよね。

初心者さんにとっては慣れない料理を完成させるだけでもハードルが高いのに、余った食材の使い切りまで考えるのは本当に大変。

そんなときにおすすめしたいのが、わたしも10年以上にわたりフル活用している「冷凍カット野菜」なんです。

冷凍カット野菜は、旬の時期に収穫した野菜を、おいしさと栄養をキープするために急速冷凍したもの。「あまり使ったことがない」という人もいるかもしれませんが、実は自炊初心者さんや、忙しい中で無理なく自炊をしたい人にとってメリットがたくさんあるんです。


🍆冷凍カット野菜のメリット🥬

  • 袋から出してすぐに使えるので、食材を洗ったり切ったりする時間を短縮できる(まな板と包丁を使う手間が省けると洗い物も少なくて済む)
  • 均一にカットされているので、料理の仕上がりがきれいに
  • 料理に必要な分だけ出して使える
  • 複数の野菜を少量ずつ使えるので、栄養のバランスがよくなる
  • 長期保存が可能なので「野菜を買っても新鮮なうちに使い切れない」という問題を解消できる
  • 天候不良で野菜の価格が高騰している時にも、価格変動が少ない

冷凍カット野菜は「冷凍庫に常備しておく」ことで、さらに強い味方になってくれます。

例えば自炊しようと思い立ったときや、何か作ろうとして野菜が足りないと思ったとき、冷凍カット野菜があればわざわざ買い物に行かなくていいですし、「今日は簡単にインスタント食品で済ませよう」と思ったときも、気軽に野菜をプラスできます。本当に便利だなあと、私も使うたびに実感しています。

そこで今回は、複数の野菜が入ったミックスタイプの冷凍カット野菜を使ったレシピを3つ紹介します。自炊を始めたばかりで料理の腕に自信がない人でも大丈夫! 切る手間を省いて、簡単に作れるものばかりです。

いずれも一皿で献立が成立するレシピなので、「献立を考えられない」という悩みも解消できますよ!

「冷凍 カット野菜」を詳しく見る


\いったんCMです/

2021年9月4日(土)20:00から9月11日(土)1:59まで「楽天スーパーセール」開催!
買い回りするほどお得になります✨(1,000円以上が買い回り対象です)

楽天スーパーSALEを詳しく見る

よかったらこの機会に、冷凍カット野菜も買い回りしてみてくださいね🥦

身近な調味料でできる! カラフルガパオ風ライス

カラフルガパオ風ライス

夏に食べたくなる、タイ料理のガパオライス。本物はナンプラーが必須ですが、「そんなの持ってないよ!」という人も多いはず(うちにもありません)。

というわけで今回は、冷凍カット野菜と身近な調味料を使い「ガパオ風」に仕上げます。しっかり目の味付けで、ビールにもよく合いますよ♪

ズッキーニやカラーピーマン、たまねぎ、にんじんなどが細かく刻んであってすぐに火が通る、カゴメの「彩り野菜ミックス」と、同じく切らずに使えてすぐに火が通る豚ひき肉で作ります。

カゴメの「彩り野菜ミックス」

材料(1人分)

  • カゴメ 彩り野菜ミックス:50g
  • 豚ひき肉:100g
  • 卵:1個
  • ごはん:適量
  • サラダ油:適量
  • 合わせ調味料
    • 鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1/2
    • オイスターソース:小さじ1
    • しょうゆ:小さじ1

作り方

  • 1.合わせ調味料は事前に混ぜ合わせておく
  • 2.フライパンにサラダ油を熱し、冷凍のままの野菜ミックスを炒める。火が通ったら、豚ひき肉を加え、よく炒める
  • 3.合わせ調味料を加え、野菜から出た水分が飛ぶまでさらに炒める
  • 4.目玉焼きを焼き、器に盛り付けたら出来上がり。サラダ用のカット野菜を添えると、さらに栄養バランスもアップ!


🍳刻み冷凍ミックス野菜は、こんな使い方も🥘

今回使ったような、数種類が刻んであるタイプの冷凍ミックス野菜は、すぐ火が通るし、彩りもカラフルでとても使いやすい! さっと炒めて塩こしょうを振って、オムレツやスクランブルエッグに添えたり、ごはんとベーコンと一緒に炒めて、洋風炒飯にしたり。ミネストローネやコンソメスープの具にはもちろん、みそ汁に入れてもよく合います。

「豚ひき肉 冷凍」を詳しく見る
「冷凍ミックス野菜」を詳しく見る

ごま香る、塩レモン焼きそば

塩レモン焼きそば

豚肉と数種類の野菜を合わせた肉入りカット野菜で作る、具だくさんの焼きそばです。

マルハニチロの「すぐに使える 肉入りカット野菜」は、これ1袋で具材がそろっているので、あとは焼きそば麺さえあればOK。ソース味ではなく塩ダレで作る焼きそばで、キュッと絞ったレモンの酸味が夏にぴったりの一皿です。

マルハニチロの「すぐに使える 肉入りカット野菜」

わが家はいま、空前のごまブームが到来中。夜中のテレビで、ごまの栄養分・セサミンに注目した サプリメントのCMがしょっちゅう流れるのを見て、「そんなにごまが身体にいいのなら、普段から何にでもかければいいのでは」と思い立ち、納豆ごはんやスープ、サラダ、煮物などなど、本当に毎日何にでもかけています。

塩レモン焼きそばにも、仕上げにごまをたっぷり。ごまの香ばしい風味が、食欲をそそりますよ。

材料(1人分)

  • マルハニチロ すぐに使える 肉入りカット野菜:1袋
  • 焼きそば麺:1袋
  • レモン(くし切り):1/4個(市販のレモン果汁でもOK)
  • 白ごま:好きなだけ
  • ごま油:大さじ1
  • 黒こしょう:少々
  • 塩ダレ
    • 水:大さじ2
    • すりおろしにんにく(チューブ):適量
    • 鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1
    • 塩:小さじ1弱

作り方

  • 1.塩ダレの材料を混ぜ合わせておく
  • 2.フライパンにごま油を引き、凍ったままの肉入りカット野菜を炒める
  • 3.焼きそば麺を入れ、その上に塩ダレを加えて麺をほぐしながらよく炒める
  • 4.仕上げに黒こしょうを振り、お皿に盛り付ける。白ごまをたっぷり振り、レモンを添えて出来上がり


🍳肉入りカット野菜は、こんな使い方も!🥘

肉入りカット野菜は、焼きそばや焼きうどんにはもちろん、炒めてインスタントラーメンにのせるのもおすすめ。不足しがちな野菜がしっかりとれます。ほかにも中華丼やそうめんチャンプルーなど、さまざまな料理に使い勝手がいいので、冷凍庫に常備しておくととても便利ですよ。

「焼きそば麺」を詳しく見る
「レモン」を詳しく見る
「セサミン サプリメント」を詳しく見る

札幌名物をアレンジ、ゴロゴロ野菜のぎょうざカレー

ゴロゴロ野菜のぎょうざカレー

「え? カレーにぎょうざ!?」と驚くでしょうか?(笑)。

実はこれ、わたしの地元・北海道ではおなじみの組み合わせなのです。札幌を中心に25店舗を展開する、人気のぎょうざ&カレー専門店「みよしの」では、40年以上前から「ぎょうざカレー」を提供しており、長年にわたって多くのファンの心をがっちりとつかんでいます。



わが家の冷凍庫には、お肉や魚介、野菜のほかに、ぎょうざが入っていることも多く、焼きぎょうざはもちろん、スープの具にしたり、冬は鍋に入れたりと、何かと出番の多い食べ物です。

ある日、カレーを作る際に、「まな板出して、お肉を切るのが面倒だな……」と思い、「そうだ、お肉の代わりにぎょうざをのせればいいんだ」と、慣れ親しんできたみよしのを思い出し、おうちごはん用にアレンジしてみました。

みよしののカレーは、細かく刻んだ具材がルウに溶け込んだタイプですが、今回は、冷凍カット野菜を袋からザザッと出してそのまま炒め、ゴロゴロ感を出しました。カゴメの「地中海野菜グリルのミックス」は、ナス、ズッキーニ、カラーピーマンといった夏野菜に、じゃがいもも入って具だくさん。

カゴメの「地中海野菜グリルのミックス」

最後に冷凍ぎょうざをカリッと焼いてカレーにのせますが、焼くのが面倒な場合は、カレーの具材を煮込むタイミングで、水ぎょうざのような感覚で冷凍ぎょうざを加えてもOK。より手軽に作れますよ。

このカレーは、なんといっても冷凍庫の食材のみで作れるのが魅力!(わが家は冷凍ごはんとカレールウも常備しているので、本当にいつでも作れます)

材料(1人分)

  • カゴメ 地中海野菜グリルミックス:150g
  • 冷凍ぎょうざ:3個
  • 市販のカレールウ:1皿分
  • 水:カレールウの表示の分量
  • サラダ油:適量

作り方

  • 1.フライパンに油を引いて熱し、凍ったままの冷凍カット野菜を炒める
  • 2.しんなりして火が通ったら水を入れ、カレールウを加えて煮込む
  • 3.冷凍ぎょうざを焼き、ごはんをお皿によそう。カレーとぎょうざを盛り付ければ出来上がり


🍛カレーは、どんな冷凍カット野菜とも相性ばっちり🥦

カレーはどんな具材も頼もしく受けとめてくれるので、ブロッコリーやカリフラワー、にんじんなどの「洋風ミックス」や、さといもやれんこん、ごぼうなどの「和風ミックス」など、どんな冷凍カット野菜でもおいしく作れます。

レトルトカレーにも、レンジでチンした冷凍カット野菜をちょい足しして、「日頃から栄養をプラスする習慣をつけるといいよ」と、若かりし日の自分に教えてあげたいです。あの頃の自分は、こんなに便利な冷凍カット野菜の存在すら知らなかったので……。

「冷凍ぎょうざ」を詳しく見る
「冷凍野菜 洋風ミックス」を詳しく見る
「冷凍野菜 和風ミックス」を詳しく見る
「レトルトカレー」を詳しく見る

🥕🌽🍅

わが家の冷凍庫は常にパンパンで、野菜、肉、魚介類、ごはん、うどん、焼きそば麺など、常に「冷凍庫の中身だけで何かしら作れる」という状態にしています。

そうしておくと、忙しくて買い物に行く時間がない問題にも、コロナ禍で飲食店が遅くまでやっていない問題にも対応できるので、精神衛生上とてもいいと感じています(他に、家族や同居人の「夜ごはん、食べるか食べないのかどっちなんだよ」問題に対しても対処できます。笑)。

ちなみに、わが家で常備している冷凍カット野菜は、ほうれん草かぼちゃささがきごぼう揚げなすブロッコリーすりおろしとろろなど。減ってきたら追加する、というサイクルを繰り返しています。

ぜひ、便利な冷凍カット野菜を上手に使って、健康的なおうちごはんを楽しんでくださいね!

「冷凍 ほうれん草」を詳しく見る
「冷凍 かぼちゃ」を詳しく見る
「冷凍 ささがきごぼう」を詳しく見る
「冷凍 揚げなす」を詳しく見る
「冷凍 ブロッコリー」を詳しく見る
「冷凍 とろろ」を詳しく見る

自炊初心者さんには、こちらも!

著者:梅津有希子

編集者・ライター、だし愛好家。書籍『世界一簡単なだし生活。』(祥伝社黄金文庫)では、「だしむすび」「あごだし湯豆腐」「だし巻き卵風フレンチトースト」など、旨味たっぷりの簡単だしレシピを紹介する。
公式サイト:http://umetsuyukiko.com/ Twitter:@y_umetsu Instagram:@y_umetsu

ソレドコでTwitterやってます!

公開記事や発掘ネタなど、あれやこれやつぶやいています!

今回紹介した商品

「楽天スーパーSALE」を詳しく見る
「冷凍 カット野菜」を詳しく見る
「カゴメ 彩り野菜ミックス」を詳しく見る
「マルハニチロ すぐに使える 肉入りカット野菜」を詳しく見る
「カゴメ 地中海野菜グリルのミックス」を詳しく見る
「冷凍野菜 洋風ミックス」を詳しく見る
「冷凍野菜 和風ミックス」を詳しく見る

社会的責任[CSR]