それどこ

趣味にのめり込む人たちに「最近買ってよかったもの」を聞いてみた【キャンプ/筋トレ/料理/ジャニヲタ/ロードバイク】

趣味にハマる人たちの「買ってよかったもの」を教えてもらいました。キャンプ場を巡りながら日本一周した佐久間亮介(さくぽん)さん、筋トレにハマるあまり自宅に筋トレ部屋を作ってしまったジグ・ザガーさん、だし愛好家の梅津有希子さん、ジャニヲタのあややさん、ロードバイク、特にヒルクライムにハマる篠さんが登場します。いつものキャンプに特別感を演出してくれるチェアや自宅でも思いっきりトレーニングできるパワーラック、定番だけど長く使えて料理が美味しく仕上がる鍋など、今すぐほしくなる商品が盛りだくさんです。

キャンプ、筋トレ、料理…趣味にのめり込む人たちに「最近買ってよかったもの」を聞いてみた

趣味に関するアイテムを好きなときに好きなだけ買えたとき、「大人になってよかったな~」って思いませんか?

そんな大人を謳歌しまくっている沼の住人、略して沼人(ぬまびと)に「最近買って大正解だったもの」を教えていただきました!

趣味にどっぷり浸かる沼人はいったいどんなものを買ったのでしょう? 紹介してくださったのはこの方々。

  • 【テッパン趣味ver.】
    • キャンプ沼・佐久間亮介(さくぽん)さん
    • 筋トレ沼・ジグ・ザガーさん
    • 料理沼・梅津有希子さん
    • ジャニヲタ沼・あややさん
    • ロードバイク沼・篠さん
  • 【ちょっとニッチな趣味ver.】
    • 生き物ハンティング沼・平坂寛さん
    • 自作キーボード沼・ゆかりさん
    • エクストリーム料理沼・小林銅蟲さん
    • 自宅鮨沼・nanoha3さん

それぞれの趣味にドハマリする人の買ってよかったもの、きっと参考になるはずです。

2019年10月の消費税増税を控えている今、ちょっとでも気になったものはチェックしてみませんか?

今回は〈テッパン趣味ver.〉

キャンプ沼:座り心地も見た目も◎ 所有欲を満たしてくれる特別な「カーミットチェア」

佐久間亮介(さくぽん)
紹介者・佐久間亮介(さくぽん)
キャンプ場巡りをしながら日本一周したキャンパー。今までに泊まったキャンプ場の数は300箇所以上。キャンパーのための情報ブログを共同運営する。
個人のブログ / Twitter


ほぼ年中キャンプをしている佐久間亮介(さくぽん)さん。ソレドコでもファミリーキャンプや焚き火入門の記事を書いてくれました! 現在はキャンプ場も作っているという佐久間さんの「買ってよかったもの」は、「カーミットチェア」だそうです。

【佐久間さんコメント】
焚き火をしたり、食事をしたり、お酒を飲んで談笑したり。楽しいキャンプの時間を過ごしているときは、意外とチェアに座っている時間が長いです。使っている時間が長いのであれば、他の人とはあまりかぶらずに、良いものが欲しい! と探していたときに出会ったのが、このカーミットチェアでした。
カーミットチェア
カーミットチェアは、1984年にアメリカでデザインされた不朽の名作。アメリカのテネシー州で、職人によってひとつひとつ丁寧に作られています。
しかも、私が買ったチェアは、日本のアウトドアブランド「sunsetclimax(サンセットクライマックス)」とのコラボレーションアイテム。
座面、背面の生地には、日本製のバリスターナイロンが採用されていて、座り心地は抜群。重厚感のある黒地に赤色の糸は、プレミア感がありますし、シリアルナンバーまで付いているので、ギアにこだわりのある人にとってはたまらないキャンプ道具です。 カーミットチェア 座面には日本産のバリスターナイロンを使用 カーミットチェア シリアルナンバーが付いている キャンプ用チェアは、軽量なものやリゾートチェア、ローチェアなど、複数持っていますが、このカーミットチェアを使う日は、いつもとはちょっと違う「特別なキャンプの日」という感覚に。チェアのカテゴリーでは、高価格帯であるのですが、作り手の思いがたくさん詰まっているからこそのお値段。座り心地も見た目も素晴らしく、所有欲も満たしてくれるカーミットチェア。買ってよかったです!

筋トレ沼:自宅トレーニングを充実させてくれる「パワーラック」は今や必須アイテムに

ジグ・ザガー
紹介者・ジグ・ザガー
46歳、男性。看護師から独立して食堂を開業。趣味の筋トレを心置きなくするために自宅に筋トレルームを作った。合言葉は「前に進む。たとえジグザグであろうとも」。
個人のブログ


筋トレ編はジグ・ザガーさんの「買って大正解だったもの」を紹介します。自宅に夢の筋トレ部屋を作ってしまったジグ・ザガーさん。ジムに通う必要がなく、24時間待ち時間なし、トレーニング中の声を気にしなくていい……と筋トレ部屋に大満足だそうです。今回はそんな筋トレ部屋にも導入した「パワーラック」を紹介していただきました!

【ジグ・ザガーさんコメント】
筋トレを安全に行うために必要な器具として、本日はパワーラックというものを紹介したいと思います。
パワーラックとは金属で組み立てられたジャングルジムを思わせるようなボックスで、トレーニングをする際にはその中に入ってスクワットやベンチプレスといった種目を行います。 f:id:blog-media:20190910161642j:plain
パワーラックの主な目的は、バーベルを支えることと、トレーニングをしている人を守ること。トレーニング中に力尽きて潰れてしまった際も、セーフティーバーの役割をして守ってくれるというわけです。

トレーニングを行っていると、どうしても自分を追い込みすぎてしまってバーベルを上げる途中で力尽きてしまったり、疲労が重なってしまって普段より力が出せずに潰れてしまったりすることがあります。その際には、パワーラックのセーフティーバーという部分がバーベルを止めることで事故を未然に防いでくれます。 f:id:blog-media:20190910161732j:plain このパワーラックを使用することで、私は何度、バーベルに押しつぶされるのを免れたことでしょう。正直、トレーニングのたびに潰れてしまうようではいわゆる「潰れ癖」がついてしまうので、それほど多い回数ではありません。
しかし、長いトレーニング歴の中では、パワーラックが無ければ、きっとバーベルで押しつぶされて大変なことになっていただろう……という状況に陥ったことは数度あります。

自宅で本格的にトレーニングを行うのであれば、自身の安全を確保するためにパワーラックは必須です。これは断言します。筋トレで一番大切なことは、何よりも安全に行うということです。

私が購入したパワーラックは、アイロテックの「V-MAX」という商品。実際に使用してみての感想は、「非常に満足」の一言に尽きます
バーベルを置いても横揺れ等はなく非常に安定しており、心置きなく安心して限界まで自分を追い込むことができ、また荷重を加えての懸垂も可能となるので、トレーニングの幅も広がります。

筋トレの内容が充実し、安全まで確保できるパワーラック、自宅に設置してはいかがでしょうか?

料理沼:じっくり加熱して食材のうまみを引き出す鍋「ル・クルーゼ ココット・ロンド」

だし料理研究家・梅津有希子
紹介者・梅津有希子
編集者・ライター、だし愛好家。書籍『もっとおいしい、だし生活。』では、「だしむすび」「あごだし湯豆腐」「だし巻き卵風フレンチトースト」など、旨味たっぷりの簡単だしレシピを紹介する。
公式サイト / Twitter


だし愛好家の梅津さんが紹介してくれるのは、きわめて王道の鍋。機能性だけでなくデザイン性も高いル・クルーゼの「ココット・ロンド」を買い足し、最近ついに2個持ちにしたそうです。

【梅津さんコメント】
14年前に結婚したとき、初めて買ったお鍋がル・クルーゼの赤い「ココット・ロンド」でした。ひとり暮らしの頃は、何も考えずに買った適当な鍋を使っていましたが、結婚を機に「長く使えるちゃんとした鍋が欲しい」と思い、選んだものです。
ココット・ロンド チェリーレッドとマットブラック
厚みのある鋳鉄(ちゅうてつ)をホーローでコーティングし、ゆっくりムラなく熱が入るため、食材が煮くずれせずに甘みやうまみを最大限に引き出してくれるのがこの鍋の特徴。

具材をゴロゴロ入れたカレーやシチュー、肉じゃがや大根の煮物、オニオングラタンスープに豚汁など、毎日のように使っていますが、数年前に炊飯器が壊れてからはごはんも炊くようになりました。

それまでは「鍋でごはんを炊くのって難しそう」と思っていましたが、実はとても簡単で早く炊けるんです。浸水させたお米と水を入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にして10分。火を止めて10分蒸らせば、つやつや・ピカピカのごはんの炊き上がり。
ココット・ロンドで炊いたご飯
炊飯にも使うようになったため1つでは間に合わず、新たに買い足したのがマットブラックです。シックな黒はコンロに置いていても絵になり、料理をおいしそうに見せてくれるところがお気に入り。かわいらしい赤とはまた違った魅力です。
ココット・ロンド マットブラック
ライターとして自宅で仕事をしているため、これからの季節はこの鍋で煮物をコトコト煮込みながら原稿を書くのが毎年の楽しみです。

ジャニヲタ沼:現場に行く前日にも必ず使うようになった「スチーマーナノケア」

あやや
紹介者・あやや
2001年夏、堂本光一さんプロデュースのジャニーズJr.内期間限定ユニット「☆☆I★N★G★進行形」を見てジャニヲタデビュー。各グループのファンを転々とした後、2018年現在はクソDDとして活動している。高知在住29歳。
個人ブログ / Twitter


以前、ソレドコに「ジャニヲタ×コスメ」をテーマにした記事を寄稿してくださったあややさん。最近買ってよかったものを尋ねてみると、「最高の状態の自分になれる」アイテム・「スチーマーナノケア」を推してくれました!

【あややさんコメント】
「もっと自分が大切に扱われている実感を味わいたい」
仕事が多忙を極めストレスがマックスに達した時、せめて自分で自分を労わらねばこのままでは社会に溶けてなくなる……という気持ちになり、終業後に家電量販店へ駆け込んで「スチーマーナノケア」を購入。当社比では大きな買い物だが、毎月エステに通った場合の費用に比べればかなり安い、という計算だ。
スチーマーナノケア テレビを見ながら蒸気を顔にあてるだけで、肌が潤い顔から自分自身を救っているような感覚になる。そして何と言っても翌日の化粧ノリが抜群に良い。私は本当にいつもと同じファンデーションを使っているのか? と疑いたくなる程キレイにのる。自分自身のクオリティが上がったことを一日単位で実感できる。化粧のノリが良いとその日一日ハッピーに過ごせるので、肌だけでなく心にも効果がある。
スチーマーナノケア という良いこと尽くしなので本当に良い買い物をしたと思っている。アイドル現場に行く前日も絶対スチーマーナノケアを使うようになった。大切な日はできれば自分の最高の状態でいたい。家で手軽に自分の格を上げてくれる味方ができた。その安心感と自信を私はお金で買ったのだと思っている。

ロードバイク沼:天気が悪い日もおうちでバーチャルトレーニング「Tacx Neo2 Smart」

篠
紹介者・篠
峠道と自転車が大好きな人。「東京2020大会自転車競技」伊豆市PR映像モデルを務める。自転車メーカー「LAPIERRE」&ウェアメーカー「ASSOS」のアンバサダー。
個人のブログ / Twitter / YouTube / Instagram


『弱虫ペダル』がきっかけでロードバイクに没頭し、いまでは山を登るレース「ヒルクライム」にドハマリしている篠さん。シーズン中には月1ペースでレースに出ているそうです……!そんな篠さんが紹介してくれたのはちょっとハイテクなアイテム・「Tacx Neo2 Smart」です。

【篠さんコメント】
普段はロードバイクで峠道を登ってトレーニングをしていますが、梅雨の時期や路面凍結の恐れがある冬や春先は危険でロードバイクに乗れません。そこで、体力維持のため、室内でもトレーニングできるように、ダイレクトドライブ式固定ローラー「Tacx Neo Smart」を導入しました(今回紹介する商品は第2世代)。

従来のローラー台は振動や騒音が大きく、マンション住まいには使いづらいものでしたが、ダイレクトドライブ式ローラー台はロードバイクの後輪を外してセットするため、チェーンとスプロケット*1が連動する音のみが響き、後輪のタイヤ摩擦音はないので、かなり騒音を抑えて使えます。 f:id:blog-media:20190910173308j:plain また、設定したコースに応じて自動的に負荷が変わるので、実際に道路を走っている感覚と近い形で乗れます。
サイクリストの間で人気の「Zwift(ズイフト)」というバーチャルトレーニングと連携できるので、世界中のサイクリストと同じコースをオンラインで走ることができるのは昂ります。イベントやレースも毎日開催されており、さまざまなトレーニングプランも用意されているので、短時間集中して効率よくトレーニングができます。 f:id:blog-media:20190910173325j:plain 最近のマイブームは、平日の夜にサイクリング仲間と開催するローラー台を使った模擬レース。今までは30分で飽きてしまうローラーでしたが、リアルタイムで順位や出力パワーがパソコンの画面に表示され、順位を上げていくのに夢中になれるので、気がつくと1時間経過していた……ということが増えてきました。ゲーム感覚で頑張れるので、トレーニングが苦手な方でも続けやすいですね。

ローラー台がなかった頃は、薄暗い早朝や夜、雨の日でも無理してロードバイクで出かけていましたが、濡れた路面でスリップして怪我をしたこともありました。今は天気が悪い時は無理せずに室内でローラーを使うようになりました。
固定ローラーは足を止めてもこけることはまずないので、音楽を聴いたり、映画を観たりしながらでも、自分に合った使い方を見つけて楽しみましょう。

「バーチャルトレーニングよさそうだけど、お財布との相談が決裂してしまった……」という方も多いかもしれません。そんなわけで、+αのアイテムも紹介していただきました!

【篠さんコメント】
サイクリストおなじみ、スポーツ時に大切なアミノ酸を摂取できるサプリメント。
100km以上獲得標高3,000m超えのライドを走る時や、追い込んだ走りをした翌日はいつも体の気怠さがあり、今まで手を出していなかったサプリメントを試してみようと思ったのが購入のきっかけでした。 f:id:blog-media:20190910173427j:plain 最初は本当に半信半疑で飲んでみましたが、翌朝起きた時に疲労感が緩和されていて筋肉痛の回復も早くなったような気がしたので、それ以来愛用しています。
スポーツを続ける上では、体のリカバリーに目を向けると、いいパフォーマンスにつながります。

スティックに入った顆粒タイプで携帯しやすく飲みやすいため、ライドに出かける時、いつもツールケースに保険で2本入れています。 ボトルの水さえあれば簡単に飲めるのでお手軽です。 f:id:blog-media:20190910173449j:plain 保存も効くので、日常的に摂取している方は増税前に買い貯めておくのをオススメします。

ちょっとニッチな趣味バージョンも公開中

※2019年9月25日10:45ごろ、記事の一部を修正しました。ご指摘ありがとうございました。

ソレドコでTwitterやってます!

公開記事や発掘ネタなど、あれやこれやつぶやいています!

*1:自転車の後ろのギアのこと

社会的責任[CSR]