それどこ

アタッチメント付きバリカンによるセルフカット生活のすすめ

ブログ「真顔日記」の上田啓太さんが、バリカンを使ったセルフカット生活10年を振り返りました。坊主にする快感を覚え半年ごとに刈っていたものの、次第に支障が出始めた上田さんが選んだのは「アタッチメント付きバリカンへの買い替え」です。

バリカンで髪を切りはじめて十年が過ぎた。美容院に行かなくなって十年とも言える。セルフカット十周年だ。こんなものはだれも祝ってくれないので自分で祝うしかない。この十年は試行錯誤の日々でもあった。簡単に振り返ってみたい。

そもそものきっかけは、ほとんど人に会わない生活をはじめたことだった。在宅のバイトのようなもので最低限の収入を得ていた。ネットのやりとりだけで仕事が完結する。まったく人に会う必要がない。すると頭髪の意味合いが変わった。

日常に人間関係がある場合、頭髪とは文化である。しかし周囲から人が消えたとき、それは庭の雑草と大差のないものに変わる。伸びると邪魔なので切る。それだけのものになる。

十年前、近所のホームセンターでバリカンを購入した。美容院に行くのが面倒になったからだ。もっとも、この時に買ったバリカンは現在は使っていない。そのため、メーカーや型番も分からない。申し訳ない。ただ、ひとことで説明するならば、「そのへんで売ってる普通のバリカン」だった。複雑な機能はなく、シンプルに毛を刈るだけのバリカンだ。

はじめはバリカンで坊主にしていた

はじめてバリカンを使った時のことはよく覚えている。人生ではじめての坊主だったからだ。それで知った。坊主にすることには独特の快感がある。やみつきになる。

未経験の人には説明しづらいが、例えば、美容院で髪を切ることにも快感はあるだろう。これは誰でも知っているはずだ。さっぱりする、すっきりする、気持ちが前向きになる。

バリカンで坊主にすることも方向性は同じだが、強度が圧倒的に違う。「さっぱり」などというかわいらしいものではない。美容院がほんのり梅酒ならば、バリカン坊主はストロングゼロである。脳にしびれるほどの快感がくる。

一瞬で作業が終わることも大きい。何も考えずにバリカンを入れていき、足元に大量の毛がどんどん落ちていく。そして鏡を見ると、坊主になった自分が立っている。あの光景は中毒性がある。その気分を言葉であらわすならば「再誕」である。私は「リボーン」とルビを振りたい。

むかし、知り合いの女性が居酒屋で絶叫していた。

「あーっ!仕事も人間関係もぜんぶ放り出して坊主にしたい!」 

あのときは爆笑してしまったんだが、今は分かる。頭髪は社会と結びつくもので、だからこそ、坊主にすることは快感を生むのだ。男女関係なく、機会があれば人生で一度は坊主にしてみるべきじゃないか、とすら思う。

半年に一度、坊主にすることに決めた

その後しばらく、私はひんぱんにバリカンで坊主にしていた。快感を覚えたサルのようなものだった。すきあらば坊主、ストレス解消に坊主、ストロングゼロを飲むような気軽さで坊主。リボーン、リボーン、リボーンである。

その結果、再誕の価値は暴落した。再誕のデフレが起きた。そりゃそうだ。

坊主の快感は落ち着いた。

そして現実的に考えはじめた。結局、どのくらいの頻度で坊主にすればいいんだろう? 散髪に費す時間を限界まで減らすことは可能だろうか? この問いをもとに試行錯誤した結果、半年に一度、坊主にすればよいという結論に達した

私の場合、坊主から半年で前髪が目にかかるほどの長さになる。ここで前髪が邪魔になるため、坊主にするわけである。半年伸ばして、坊主にリセット。ふたたび半年、それからリセット。このリズムが生まれはじめた。あとは一生涯、これを繰り返せばよい。これが散髪における最終解答である。私は今後、頭髪の処理に悩むことは一切ないだろう。さらばだ。

さて、人が最終解答と言ったとき、それが本当に最終解答であることなど、めったにない。人生は長い。意外と長い。おおげさなことを言うもんじゃない。

しばらくして、私は坊主をやめた

なぜ坊主をやめたか

坊主という髪型は、へんにインパクトを生んでしまう。先述したように当時の私は仕事で人と会うことがなかった。日常的に顔を合わせるのは近所のスタバの店員くらいだったんだが、伸ばし続けた髪を坊主にするたびに、店員におどろかれていた。これが微妙にストレスだった。

しかし向こうの気持ちも分かる。常連客が唐突に坊主になっていれば、やや動揺してしまうだろう。しかも目にかかるほどの長髪から突然の坊主だ。物語性を感じてしまう。ふれていいものか迷ってしまう。失恋だろうか? 罰ゲームだろうか? それとも、何らかの思想の表現なんだろうか?

そしてある時、とうとう一人の店員にたずねられた。どうしていつも突然坊主になるんですか、と。私は素直に答えた。髪の処理がめんどうなので半年に一度バリカンで坊主にしている。もう長いこと美容院には行ってない。これは最高に楽である。すると店員は言った。

な、なるほど、確かに結局、そういうやりかたがいちばん良い、ですもんね!

その言い方が非常にぎこちなく、本心でないことを無理に言おうとしてガタガタになっている人特有のリズムの乱れがあった。非常に申し訳ない気持ちになった。その店員が明らかに外見に気を使っていることも大きかった。私とは散髪観が違い過ぎる。

「人間関係が希薄になったとき、頭髪は雑草に近づく」という頭髪=雑草理論を説明したかったが、奇人変人のたぐいだと思われそうなのでやめておいた。さらに動揺させるだけだ。政治と宗教の話は世間話においてタブーとされるが、散髪の話がタブーになることがあるか。

唐突に坊主にすることは周囲の人間を動揺させる。髪型で何かを主張したいわけではないのに、結果的に、強めのメッセージ性が生じてしまう。これは困る。

坊主が似合う人間は限られる

さらに言えば、客観的に見て、私の坊主は似合っていなかった。皆さんもご存じのとおり、坊主が似合う人間は限られるのだ。顔立ち、骨格など、種々の条件がそろわないといけない。私は薄い顔立ちで、骨格も華奢なため、坊主にするとみすぼらしさが全開になる。

坊主にもいろいろな長さがある。そしてバリカンには、たいていアタッチメントというものが付属している。バリカンに付けて、刈る長さを調整するものである。私のバリカンの場合、最大で1cmだった。坊主にする前提で、微妙に長さを調整できるわけだ。1cmの範囲でいろいろな坊主を試した。確かに印象は細かく変化して面白いが、結局のところ坊主は坊主だ。

坊主が似合わないというのは、五分刈りも似合わなければ五厘刈りも似合わず、もちろんスキンヘッドも似合わない。みすぼらしさに無数のバリエーションがあることは分かったが、冬の枯れ木を見比べるようなものだ。永遠に春がこない。

そして、バリカンを買い替えることにした

アタッチメントを駆使して「短髪」にする

新たに購入したのは、パナソニックのER-GC70というバリカンだ。付属のアタッチメントの豊富さで購入を決めた。現在もこれを使っている。記事冒頭の写真もこのバリカンである。

このバリカンはすばらしく、三つのアタッチメントを付け替えることで、最大4.5cmまで設定できる。4.5cmとなると、もはや「坊主」ではなく「短髪」といった印象になる。バリカン後の周囲へのインパクトが大幅に軽減される。失恋にも罰ゲームにも見えない。

しばらく試してみた結果、前髪は4.5cm、サイドとバックは3cmに設定すると自分に合うことが判明した。散髪の頻度は三カ月に一回。とうとう結論が出た。これこそ、散髪における最終解答である(また言った!)。

よく見るとアタッチメントに細かい毛がたくさん付いている。いかにヘビロテしているか伝わるだろう

実際のセルフカット作業の流れ

最後に、具体的なセルフカットの手順を書いておこう。まずはバリカンを取り出す。使用前に油を注す必要がある。このあたりは慣れると無意識だ。

そして、私はおもむろに服を脱ぎはじめる

唐突な脱衣であるが、これは服に毛が付着するのを防ぐためだ。ケープは使わない。買うのが面倒だからである。美容院では脱ぐことができないからケープが必要になる。半裸での入店はお断りされる。しかし、セルフカットならば半裸をとがめる存在はいない。

フローリングの床にパンツ一枚で座る。パンツだけは履いていることに深い意味はないが、一応分析しておくと、全裸だとさすがに落ち着かないからだろうか。パンツ履いてりゃ文明人だろ、という粗雑な世界観で私が生きていることもある。なお、冬場は寒いため、暖房を強めに設定して対応している。文明人の証拠。

スタンドミラーの前にあぐらをかくと、バリカンを髪に入れていく。毛はどんどん落としてしまう。床に新聞紙を敷いたりはしていない。とにかく作業の手間を省きたいからである。

スタンドミラーを見ながら、バリカンを入れていく。最初は後頭部、次に左右の側頭部、最後に前から入れていく。私はこの順序がやりやすいが、これは人によるかもしれない。

なお、セルフカットにおいては、大きな鏡が重要だ。はじめのうちは家にあった小さな鏡を頼りにやっていたが、アタッチメントで微調整をするようになってからは、これだとうまくいかなかった。すくなくとも顔だけでなく上半身はしっかりと映るものがよいと思う。なお、後頭部の確認は、別で手鏡を用意して、スタンドミラーと組み合わせることでなんとかしている。しかし限度があるので、適当な友人知人に確認してもらうのがベストだと思う。

10分ほどで散髪は完了する。

そして後始末をはじめる。まずは床に落ちた大量の頭髪を手でつかみ、ゴミ箱に捨てる。床に残った細かい毛は掃除機で吸い取る。自分の肌にも細かい毛が付着しているが、これはシャワーを浴びることで解決する。どちらにせよ散髪後はシャンプーをするため、ちょうどいいわけである。バリカンはそのまま水洗いし、乾かして翌日、押し入れにしまう。

その後しばらくは、ゴミ箱を開けると大量の頭髪が入っていて「ヒエッ!」となる生活を送る。自分の毛なのに一瞬おどろく。ゴミ箱に捨てられた頭髪というのは、なぜあんなにも事件の香りがするのか。

【楽天市場】 パナソニック メンズヘアーカッター ER-GC70の検索結果
【楽天市場】 スタンドミラーの検索結果

まとめ

以上、バリカンを使ったセルフカット生活について書いてみた。言うまでもなく、外見のよさにこだわりたいならば美容院に行ってプロに切ってもらった方が絶対によい。美しくありたいという欲望よりもめんどくさいが勝っている人には、バリカンがおすすめだ。

あとはまあ、なにもかも投げ出して坊主にする快感を味わってみたい人だろうか。これは、わりとマジでおすすめである。数千円で「再誕」という気分を味わえること、めったにないから

著者:上田啓太 (id:premier_amour)

上田啓太

文筆業。ブログ「真顔日記」を中心に、ネットのあちこちで活動中。

ブログ:真顔日記 Twitter:@ueda_keita

「真顔日記」上田啓太さんの他の話はこちらから!

srdk.rakuten.jp

\Twitterでそれどこをフォロー/


公開記事や発掘ネタなど、あれやこれやつぶやいています!

\フォロー/

社会的責任[CSR]