それどこ

お肉を家でおいしく食べよう! 自宅での焼肉のコツ、ステーキや低温調理も

おいしいお肉の食べ方を、お肉好きのブロガーが紹介する記事一覧です。おうち焼肉やステーキ、低温調理などで、牛肉、豚肉、鴨肉、ラム肉を味わいます。


スーパーでお肉を買えば、お店よりも安く、おいしい焼肉が食べられます。少ない煙でおうち焼肉ができる専用ロースター「やきまる」があれば、家でも本格的な焼肉が可能。牛タンやミスジ、黒毛和牛肩ロース、イチボなど、好きな部位を焼いて楽しみましょう。


マンガ家の小林銅蟲さんは、さまざまな種類のお肉を通販などで大量購入して、豪快に料理。牡蠣やウニ、フォアグラなどの高級食材も惜しみなく投入する様子は、この上ない贅沢です!

福岡の「とり皮」を知っているか? かわ屋が好き過ぎて全国民に布教したいので、お取り寄せとり皮のベストな焼き方を探してみた

福岡・博多「かわ屋」の名物メニュー、とり皮を紹介。福岡の焼鳥店ではメジャーな存在で、唯一無二の食感が特徴です。通販でお取り寄せしたとり皮を7通りの焼き方で検証しました。

日本の「ご当地ソーセージ」には無限の可能性がある! ソーセージ研究家がおいしい商品を選んで語り尽くす

ソーセージといえばドイツが有名ですが、日本にもその土地や風土を反映した「ご当地ソーセージ」が数々存在しています。松阪牛やジビエを使ったものもあれば、ハーブがわりに京番茶を練り込んだり、酒粕に漬けたり、個性豊かなソーセージもあります。

肉を美味しく焼く技術-料理家・樋口直哉が教える、肉の焼き方「新常識」【保存版】

「肉(ステーキ)の焼き方」について詳しく解説します。鉄のフライパンで焼くとおいしい、高温で焼き固めた方がジューシーに仕上がる、低温調理の方がやわらかくなる、などさまざまな説が存在する肉の焼き方。ネット上でも論争を生みやすいテーマだけに、レ…

ハロウィンと牛タンと私たち(寄稿:小林銅蟲)

マンガ家の小林銅蟲先生が、ハロウィンパーティーを実施しました。用意したのは11kgの牛タン。phaさん、ぶち猫さん、松浦だるまさんなどの仲間と一緒に、ひたすら牛タンを食べるパーティーです。

家で焼肉は安くて最高!専用グリル「やきまる」でおいしく

お店で食べるより安くできる家焼肉。専用グリル「やきまる」というグリルを使ったところスーパーで買ったお肉も美味しく焼け、煙の発生が少なめに。

肉など

小林銅蟲です。肉に関心を持つことについて関心を持たれることがあります。よろしくお願いします。 これはphaさんとかが普段使っている風呂です。とか、というのは、ここはシェアハウスです。今回やっていくので、そのようにしました。 このように、肉の低温…

社会的責任[CSR]