それどこ

俺への態度が基本的にヒドイ息子の育児で役に立った「抱っこひも」の話

まさにキング・オブ・抱っこひも? 漫画家・横山了一さんによる、ベビー用品でマジで買ってよかったと思う「エルゴの抱っこひも」に関するお話です。

俺への態度が基本的にヒドイ息子の育児で役に立った「抱っこひも」の話
俺への態度が基本的にヒドイ息子の育児で役に立った「抱っこひも」の話
俺への態度が基本的にヒドイ息子の育児で役に立った「抱っこひも」の話
俺への態度が基本的にヒドイ息子の育児で役に立った「抱っこひも」の話

こんにちは、漫画家の横山了一です。ヨメや子供たちとの日常をブログなどで書いています。

息子と娘、2人の子育てをしているのですが、息子の僕への態度が基本的にヒドく……。過去に「僕とは風呂に入らない」「僕からご飯を食べない」「僕といるときだけ機嫌が悪くなる」なんてことがありました。

【楽天市場】 息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました。の検索結果


さて、日々息子とやりあっていた僕が、ベビー用品でマジで買ってよかったと思うものがあります。それが、エルゴの抱っこひもです。

ベビー用品ってたくさんあるけど、どれが本当に必要なのかって意外とよくわからないんですよね。でもこれは、その中で一番買ってよかった! という商品です。

使い勝手の良さ、装着感、おしゃれなデザインなどまさに言うことなし。


子供にとってはどうだったんだろう? と振り返ってみても、
息子は抱っこひも自体がダメだったらしくジャストフィットとまではいきませんでしたが(まあ、僕との相性がアレなので……)、いろいろ試した中ではエルゴが一番フィットしたように見えました。息子との心の距離も少し縮まったように思います。

それに、娘には本当に大活躍したんです。
まさに僕的にキング・オブ・抱っこひもです。


さらにエルゴは抱っこだけではなく、おんぶもできるようになっています。
実は娘はおんぶが好きで、かなり長い期間、嫁さんがエルゴで背負っていました。
大きくなった娘もなんとか背負えるくらい、エルゴはサイズの調節もできるので、そのあたりもおすすめポイントです。


また、洗濯も手軽にできるので清潔に保てます。
子供を抱いていると、どうしても汚れてしまうものですからね。
首を固定するカバーがついているのも助かります(子供が眠っていまい、首がグラグラするのを防ぐため)。

▼ △ ▼

小さなお子さんがいるパパやこれからパパになる方々、奥さまのためにもこれくらいポーンとプレゼントしちゃおうじゃありませんか……!

ちなみにうちの子供たちはさすがに抱っこひもは卒業しましたが、まだたまーに抱っこをせがみます。それぞれ19キロと16キロ。

エルゴを使えた時代が懐かしい……。


最後に、エルゴを愛用していたヨメさんからのコメントを寄せておきます。

「ないと、死ぬ」


著者:横山了一

横山了一

漫画家。著作に育児漫画「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました」、北海道&関西エッセイ漫画「北のダンナと西のヨメ」など。
ブログ きょうの横山家 Powered by ライブドアブログ / twitter: @

社会的責任[CSR]