読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それどこ

「君の名は。」に出てくる組紐を教えてもらいにユザワヤに行ってきた

「君の名は。」に感動したライターの斎藤充博さんが、いつ三葉と入れ替わってもいいように、組紐作りに挑戦しました。

f:id:blog-media:20161125114136j:plain

こんにちは。ライターの斎藤充博です。

 

f:id:blog-media:20161125114122j:plain

新海誠監督の映画「君の名は。」が公開から3か月たった今でもロングランを続けています。興行収入は194億円を突破し、邦画の興行収入記録を塗り替える勢いです。個人的にも今までの人生34年間の中で、ぶっちぎりの1位です(2位は「シン・ゴジラ」)! まだ観てない人はこんな記事を読んでいないで、今すぐ観にいってほしいです。

 

「君の名は。」の最大の見どころは序盤の入れ替わり現象だ

この映画の一番泣けるところは「人間と人間が入れ替わる」ところです。普段の生活の中で、どんなに言葉を尽くしても、自分のことなんて相手には分かってもらえないものです。

ところが、入れ替わってそれぞれの生活を体験すれば、完全にお互いを理解できる。これは究極のコミュニケーションです。瀧君と三葉は一度もお互いに会うことなく、恋に落ちていましたが、これは必然といえるでしょう。

 

f:id:blog-media:20161125114119j:plain

 「入れ替わり」は物語の序盤で起こります。ぼくは上映開始10分でもう既にダダ泣きしていました。

 

こうなると自分自身にも「入れ替わりが起こるかもしれない」と思うのが人情です。だってブルース・リーの映画を観た後は自分も強くなったような気がするし、「シン・ゴジラ」を観た後はビルを壊してみたくなるじゃないですか。

 

そう、この日本には「自分も何かのはずみで入れ替わるかもしれない……」と思っている人が数万人いるはず。今この記事を読んでいるあなたも、きっとそうでしょう。恥ずかしがることはないです。みんなそうなんです。

 

男である僕が実際に三葉と入れ替わったときに困るのは何か。それは間違いなく宮水家伝統の「組紐」の制作です。性差や記憶の違いなんてのは、意外とどうにかなる部分だと思うんですよ。ただ、組紐だけはちゃんとやらないと……。あれは周りにできる人がいないからな~。

 

組紐を作れるようになっておこう

f:id:blog-media:20161125114055j:plain

というわけで、異常に前置きが長くなったんですが、今日は組紐の作り方を教えてもらいましょう。ユザワヤの蒲田店に来ています。

 

f:id:blog-media:20161125114056j:plain

教えてくれるのは販売員の佐藤眞由美さん。ユザワヤで50歳の時から働き始め、勤務年数は25年だそうです。ちなみに「君の名は。」は未見だそう。

 

f:id:blog-media:20161125114058j:plain

 「君の名は。」では木製の大掛かりな道具を使って組紐を作っています。ところがこの「組ひもプレート」を使うと、手のひらサイズの道具で組み紐が組めるそうです。

【楽天市場】 ★ハマナカ 組ひもプレート平組み/H205-587[組紐/ミサンガ]:ユザワヤ

 

f:id:blog-media:20161125114116j:plain

 

斎藤
「君の名は。」では、すごく大きな木の台を使って組紐を作っていましたよ。本当にこれでできるんですか?
佐藤
原理的には全く同じなんです。このプレートを作った人は天才だと思うんですよ。
斎藤
ええーっ!
佐藤
据え置き型の機械だったら、すべてそろえて始めるのに3~4万はかかりますが、このプレートだったら660円で買えます。

 

f:id:blog-media:20161125114100j:plain

これは佐藤さんが作りかけている組紐。爪切りを付けているのは「重りとして一番これがちょうどいいから」なんだそう。

 

f:id:blog-media:20161125114112j:plain

完成形はこんな形。きれいにできるものですね。

 

f:id:blog-media:20161125114101j:plain

結び目を作ってミサンガにしたり、腕時計のベルトにしたりもできる。

 

 

組紐では「君の名は。」に出てくる物は作れない?!

せっかくなので「君の名は。」で瀧君が身に着けていたものと同じ組紐を作ってみたいです。映画のパンフレットを見ると、組紐のデザインまで紹介されています。

 

f:id:blog-media:20161125114120j:plain

 

斎藤
映画に出てきた、こういうデザインの組紐を作りたいのですが……。これって難しいんでしょうか?
佐藤
うーん。この柄は組紐じゃないですね。難しいというか、作れません。
斎藤
えっ?
佐藤
こういう風に、途中で柄が切り替わるのは組紐では作れないんですよ。これはたぶん組紐というより、縦糸と横糸で作る『織物』じゃないですかね。

f:id:blog-media:20161125114121j:plain

 

スクープです。キーアイテムになるあの紐は、組紐ではなかった……? 宮水家のどこかに織物を作る機械があったのか……?

 

佐藤
組紐はね、ずっと一定の柄の繰り返ししかできないんですよ。どうしましょうか。
斎藤
いや、やらせてください! 映画と同じものができないのなら、とりあえず一番、簡単なパターンで……。

 

なんか企画が崩れてゆく音がするんですが、やってみましょう!

 

 

プレートを使えば難しくない

f:id:blog-media:20161125114103j:plain

今回は、映画に出てくる組紐のイメージに合わせて、5番の刺しゅう糸を使うことにしました。

【楽天市場】 5番刺しゅう糸の検索結果

最初に完成した時の組紐の長さを決めます。今回は手首に巻けるくらいの長さということで、15cmに設定しました。この場合、最初に用意する紐の長さは110cmになるそうです。ということで、110cmの糸を3本用意します。

 

f:id:blog-media:20161125114105j:plain

次に端を三つ編みにします。この作業はクリップボードを使うのが一番、簡単だとか。

 

f:id:blog-media:20161125114107j:plain

プレートに糸をセット。今回はコンパクトサイズのミサンガプレートで体験しました。違いはプレートのサイズだけで、組ひもプレートと同じように作れるので、好みで好きな方を選べばよいそうです。佐藤さんは10cm四方とコンパクトなミサンガプレートをバッグに入れて持ち歩き、空き時間や電車の中でも作ることがあるのだとか。

 

f:id:blog-media:20161125114108j:plain

決まった番号のところに糸を固定していきます。

 

f:id:blog-media:20161125114125g:plain

あとはひたすら一定の手順で糸を組んでいくだけ。プレートの溝に番号が振ってあるため、分かりやすいです。

 

佐藤
やり方覚えれば、後はひたすら根気です。
斎藤
なるほど。繰り返すだけなら難しくないですね。

 

f:id:blog-media:20161125114111j:plain

これなら楽勝かな……とか思っていたんですが。

 

f:id:blog-media:20161125114109j:plain

途中、何度か間違えて佐藤さんの手直しが入りました。やっている本人も間違いに気付かないのに、そばで見ていて分かるのは本当にすごい。……そう、佐藤さんはすごい人だったのです。

 

f:id:blog-media:20161125114113j:plain

以下、組紐を作りながら聞いた、佐藤さんの手芸エピソード。

 

  • 手芸と名の付くものでやっていないものは、ほとんどない
  • セーター1枚を4日で編んでいた
  • それを4人いる子どもに4枚連続で編んだ
  • 手芸、工芸全般が趣味(デコパージュ、ファブリックステンシル、トンボ玉、チャイナペイントなど)

 

なんかもう、武芸百般みたいな感じ。手芸界の宮本武蔵なんじゃないでしょうか。

 

 

組紐が全然進まない

f:id:blog-media:20161125114132j:plain

ぼくの方はというと、1時間ほど組み続けて組めたのがこのくらい。全然進んでいません。ひょっとしたらものすごく大変なんじゃないか。

 

斎藤
「君の名は。」で使われていた組紐は、佐藤さんならどのくらいの時間で作れますか?
佐藤
あれは50cmくらいでしょうか。私でも3日はかかりますね。
斎藤
佐藤さんでも3日!

 

三葉が作ったものは、もっと時間がかかっているでしょう。三葉、思いのこもったやつを瀧君に渡していたんだな……。身をもって映画の登場人物の気持ちを理解しました。

 

斎藤
ちなみにぼくが作っているこれ(完成予定15cm)だったら、佐藤さんなら、どのくらいかかりますか?
佐藤
3〜4時間くらいでしょうかね。

 

f:id:blog-media:20161125114115j:plain

佐藤さんでも3〜4時間かかるとなると、どう考えても取材時間内には終わらないので、仲良くなって今日はいったん帰ります。佐藤さん、ありがとうございました。ピース!

 

***

 

この後、組紐がどうなったのかというと……。

f:id:blog-media:20161125114134j:plain

 それなりに時間かけて進むことは進んだのですが、それでもやっぱり手首に巻けるところまではいかず……。

 

f:id:blog-media:20161125114123j:plain

まだ編んでいるのです……。

 

結論。

組紐を作るのはそんなに難しくはないけど、時間がかかる。

※と言っても、今回は映画に出てくる組紐のイメージに合わせて5番の刺しゅう糸を使いましたが、太い糸を使えばもっと早くできるそうです。「初心者や不器用な人は、まずは太い糸で挑戦すると、1〜2時間で出来上がりますよ」とのこと。

 

というわけで、この記事の締め切りが来てしまったのですが、全然、終わっていません!!!

ユザワヤ蒲田店では佐藤さんが毎週火曜日に組紐の無料講習会を行っているので、興味のある人はお問い合わせの上、ぜひ行ってみてください。

 

ぼくはまだまだ頑張ります!

 

著者:斎藤充博

斎藤充博

インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。来てね。
Twitter:@3216
書いたものまとめ:斎藤充博ライター活動まとめ

※記事公開時、三葉の家系の表記に誤りがありました。11月29日(火)12:12ごろ修正しました。お詫びして訂正いたします。ご指摘ありがとうございました。

社会的責任[CSR]