読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それどこ

漫画でよくある「監視者の部屋」を作ってみた

バーグハンバーグバーグのまきのさんが、漫画や映画でよくある「監視者の部屋」を作りました。

やってみた 作ってみた 特集記事 バーグハンバーグバーグ

はじめに

f:id:blog-media:20161021095032j:plain

 

初寄稿…ども…

俺みたいな34歳で「それどこ」見てる腐れ野郎、いますかっていねーか、はは

 

初カキコどもコピペにて失礼いたします、株式会社バーグハンバーグバーグのまきのです。

 

突然ですが、貴様らには「これ、やってみたいわ〜〜〜」っていうやつ、ありますか? 皆さんの中にも1つぐらいはあるのではないかと思うのですが、わたしが最近やってみたいなと思っていることは、「監視者の部屋を作る」ということです。

 

 

f:id:blog-media:20161021095033j:plain

 

あの、こういうやつです。漫画とか映画でよくある、「薄暗いモニターだらけの部屋」で「対象者」をじいっと観察するやつです。「お前は見られているぞ……?」みたいな感じでかっこ良いですよね。

 

 

というわけで、

 

f:id:blog-media:20161021095034j:plain

 

ワードアートで表現する意味はなかったのですが、これをやります!

 

 

 

作るぞ

f:id:blog-media:20161021095035j:plain

 

モニターをむっちゃ買ってきました。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095036j:plain

 

まずは部屋の片隅に黒い布を貼って、より暗さを演出します。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095037j:plain

 

次にアルミラックを2つ並べて、そこにディスプレイを並べていきます。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095038j:plain

 

ただディスプレイを並べるだけだと簡素ということもあるので、もう少し「らしさ」を出したいと思います。まずは地図を適当な大きさに切って……

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095039j:plain

 

あとはコルクボード、英字新聞、写真大に印刷したフリー素材の写真、画鋲、糸などを用意しました。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095040j:plain

 

地図を貼って、人と場所の写真を組み合わせて地図の適当なスポットと結ぶと、「ここでこの人が事件に巻き込まれた」みたいな「関連性のある複数の事件の俯瞰図」っぽいものができます。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095041j:plain

 

適当に組み合わせたのに、それっぽい連続事件性が醸し出されました。写真の1枚1枚には何の意味もなく、それぞれ関係もないし、英字新聞も適当なニュースです。ここにはあるのは「無」、それだけです。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095042j:plain

 

真ん中にはふせんで「I'm watching you(君ヲ見テイルゾ)」というメモも貼っています。本当に誰も見てません。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095043j:plain

 

こちらが組み立てた全景です。部屋の一角が完全に「監視者の部屋」となりました。 

 

 

 

 

 

このモニタに、

 

 

 

 

 

監視カメラの映像を映し出すと、

 

 

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095044j:plain

 

 こうなるわけですね。

 

いや〜「監視」だわ。完全に。君のことずっと見てられるわ。さまざまな角度から監視できるこの環境、本当に全てを見通したかのような気分になりますね……。普通の部屋なのに、誰にも邪魔されたくない秘密基地のようなわくわく感や、童心に帰らせてくれる安心感にも包まれています。

 

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095047j:plain

 

薄暗い部屋でこうしていると、制圧感、背徳感、さまざまな感情がわきあがってきます。

 

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095046j:plain

 

角度を変えると、さながら何かしらのストーリー性があるような錯覚に陥るのも「監視者」の魅力の1つです。何かが始まりそうな予感がしませんか?

 

そんな感じで、監視者の部屋を作ってみた感想はただひとつです。

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095048p:plain

 

ワードアートで作る意味はまったくありませんでしたが、そういうことです。

 

使ってないモニターを10台近く持っている皆さんも、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

終わりに

f:id:blog-media:20161021095049j:plain

 

独り言をブツブツ言ってる頭がおかしい後輩「いや〜先輩に突然『部屋使わせてくれ』って言われてバイトの時間だけ貸してあげたけど、一体なにに使っていたんだろうな〜。バイトも終わったし、家に帰ってきたぞ」

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095050j:plain

 

ガチャ

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095051j:plain

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095052j:plain

 

やあ、よくここが分かったね……

 

 

 

 

  

f:id:blog-media:20161021095053j:plain

 

でももう遅いよ。ここの存在を知ってしまったからには、生かしてはおけないな……

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095054j:plain

 

キミはもう、「ゲームオーバー」だッッッッ……!

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095056j:plain

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095057j:plain

 

 

 

頭がおかしい後輩「ここ僕の家ですよ」

 

 

 

 

 

 

f:id:blog-media:20161021095058j:plain





著者:まきのゆうき

まきのゆうき

株式会社バーグハンバーグバーグのディレクター。今年はまばたきをしていないらしい。



社会的責任[CSR]