読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それどこ

そのパーティー、どこで買えますか?〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第6回〉

何かお祝い事をするとき。特になくても、今すごくいい仕事仲間や友達が周りにいて、大勢でのんびり飲みたいとき。それを「パーティー」という形でしてみるのもいいものだ―― 運命のものと出会う雨宮まみさんの連載、第6回は「パーティー」との出会いです。

武蔵小山商店街の老舗靴屋で、自分らしい「スニーカー」を発見する〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第5回〉

普通に歩けるスニーカーが欲しい。疲れない靴が欲しい。苦手なカジュアルを、なんとか取り入れてみたい。運命のものと出会う連載の第5回は、自分らしい「スニーカー」との出会いです。

些細な手間を細やかに積み重ねることで「センスのいい人」は、できている〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第4回〉

「センスのいい人の頭の中って、どうなってるんだろう?」と思うことがある。運命のものと出会う連載の第4回は、繊細な手作りのアクセサリーです。

東林間トライアングルで、博物雑貨の海に溺れる〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第3回〉

新宿から電車で40分ほど、相模原市の東林間に「海福雑貨」という「すごい店」があるという。それを慕って開店した「うみねこ博物堂」など、小田急相模原にかけて雰囲気のよい雑貨のお店やカフェが集まっている。雨宮まみのお買い物連載、第3回では東林間トラ…

MURDERPOLLENの森で天然石のアクセサリーを摘む〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第2回〉

運命の人に出会うコツは知らないけれど、運命のものに出会うコツは知っている。雨宮まみが「運命のもの」をお買い物する連載。第2回は、店舗を持たない天然石のアクセサリーブランド「murderpollen(マーダーポーレン)」です。

浅草に年2回だけ現れる、幻のアンティーク百貨店 〈雨宮まみ「運命のもの、どこで買えますか?」第1回〉

海外旅行では最初に「試着できますか?」を覚えるというくらい「買い物」大好きな作家、雨宮まみによる新連載。第1回は、浅草で春と秋に開催されるアンティーク市「ライヲン百貨店」で出会った「運命のもの」たちです。

私を大胆にしてくれる街、京都で見つけた新しい宝物

〈文・雨宮まみ〉海外旅行に出かけるとき、どんな言葉を覚えていくかに、その人が表れる、と感じたことがある。ある友人は「Wi-Fiありますか?」だと答えたし、ある友達は食材と料理の名前だと答えた。私は「試着できますか?」である。旅先で買い物をするの…

社会的責任[CSR]